ホーム > スポンサー広告 > あの日のカルボナーラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント -

コメント欄

トラックバック、ping:-

トラックバック URL for this entry
http://chefu.blog20.fc2.com/tb.php/4-1c659c08
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from サラリーマンシェ夫のお料理ブログ

ホーム > スポンサー広告 > あの日のカルボナーラ

ホーム > パスタ > あの日のカルボナーラ

あの日のカルボナーラ

pa001 (2)



約3年前、適当に勘で作ったカルボナーラがそれはそれは、とても美味しくできました。
試行錯誤を繰り返し、ようやく納得のいく味を再現できました。
なので「あの日のカルボナーラ」です。

パスタはディチェコが断然お勧めです。家ではいつも安いときにまとめ買いしてます。
パルミジャーノチーズは是非ともよいものを使いましょう。
なければ緑の筒のアレで代用可能ですが、味がまるで別物です。

写真はディチェコ♯11スパゲティーニですが、クリーム系なので
フェットチーネもよく合います。


【材料】(2人前)
パスタ 250g 
塩 小さじ3

卵黄 3個
全卵1個
牛乳 75cc
生クリーム 75cc
パルミジャーノチーズ 大さじ3
ブラックぺッパー 適量

オリーブオイル 大さじ3
ニンニク 2片
グァンチャーレ(またはブロックベーコン) 100g
白ワイン 大さじ3
パセリ 少々

【作り方】

①ボールに牛乳、生クリーム、卵、パルミジャーノチーズ、粗挽き黒コショウを混ぜ合わせておく。
②グァンチャーレは短冊切りにする。
③ニンニクをオリーブオイルで香りがたつまで炒める。
④グァンチャーレを入れじっくりと軽い焦げ目がつくまで炒める。
⑤白ワインを入れてアルコールをとばす。
⑥水を3リットルと塩小さじ3でパスタを茹でる。
⑦フライパンにゆであがったパスタを入れ混ぜあわせる。
⑧①のソースに⑦を入れ混ぜ合わせる
⑨皿にもりつけたら、パルミジャーノ、パセリ、を振ってできあがり。

ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

コメント 0

コメント欄

トラックバック、ping:0

トラックバック URL for this entry
http://chefu.blog20.fc2.com/tb.php/4-1c659c08
Listed below are links to weblogs that reference
あの日のカルボナーラ from サラリーマンシェ夫のお料理ブログ

ホーム > パスタ > あの日のカルボナーラ

最近のコメント
リンク
フィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。